カジノにいるからこそ試してみたいドリンク BEST5

いくらカジノにいるのが楽しいとはいえ、あるゲームからまた別のゲームへと何度も移り変えて、手札を見たり、数を数えたり、計算したりするのは疲れますよね。そのため大半のカジノでは、食事ができるレストランやお酒が飲めるバーが併設されています。がしかし、カジノのバーでお酒を飲むべき理由はそれだけではありません。

例えば、カジノできれいな人を見つけたら、バーでお酒を飲むのを誘って、そこから会話が始まり、運命的な出会いとなることもあります。その後どうなるかはともかく、こうして始まった人間関係がどれだけあることか考えると、バーを理由に誘うのも悪いことではありませんよね。

キューバン・ピーチ

ピーチブランデーにホワイトラムを入れ、砂糖とライムジュースを加えたカクテルです。キューバのお酒は、ライムジュースとラム酒さえあれば、美味しくならないわけがありません。氷との相性も良く、ミントを散らせばさらに美味しくいただけますよ。

ラストチャンス

たしかに変な名前ではありますが、カジノのバーで試せる他のカクテルと比べれば、それほど変ではありません。また、カジノをテーマにしたパーティーを自宅で開催するとなれば、家でも簡単に作ることが可能なんです。

ラストチャンスは、他のカクテルに比べるとかなりライトなので、ほとんどの場合、飲みすぎたときのリフレッシュドリンクとして注文されます。作り方としては、ウォッカとトリプルセック、それにオレンジジュースを混ぜるだけです。オレンジジュースを加える際に、その量を調節することで、カクテルの弱さを決めることができます。

バーボン・オールド・ファッションド

上品なカクテルが飲みたい気分ですか?ウイスキーも十分上品ですが、バーボン・オールド・ファッションドはどういうわけか全体の味に何か別のモノが加えられています。このカクテルが特にハイローラー(大金を賭けるギャンブラー)の間で人気がある理由は、実質的にいうと200年以上前のものだからでしょう。

作り方はいたってシンプルで、スピリッツ、砂糖、ビターズ、水を合わせるだけで完成です。名前が「オールド・ファッションド」なのも頷けるでしょう。

エスプレッソ・マティーニ

コーヒーとアルコールを一緒にいただいたことはありますか?とびっきり新しいドリンクではありませんが、まだ試したことがない人もきっといるはずです。コーヒーに含まれるカフェインは覚醒度を上げ、エネルギーを与えてくれるので、すべてのギャンブラーに適した飲み物ですが、それにウォッカやその他のリキュールと混ぜると、さらに素晴らしいカクテルが出来上がりです。

 

ダーティー・マティーニ

他のカクテルができないことを、ダーティー・マティーニがやってのけた、とでも言いましょうか。エレガントでありながらカジュアルでもあり、複雑でありながらシンプルでもあるこのカクテルは、誰もが魅力的なその味に夢中になることでしょう。

ジンとベルモットのクラシックな組み合わせに、オリーブを添えて完成です。もうこれで、カジノナイトの始まりにふさわしいカクテルがいただけますね。

まとめ

時代の流れとともに、数え切れないほどのカクテルが考案されているので、まだ試したことのないカクテルは山ほどあるという方も多いでしょう。しかしながら、基本的には、主観的な感覚と味覚が大切です。カクテルはもちろんですが、ウイスキーもカジノに併設されているバーには欠かせないでしょう。